電動アシスト自転車 都会派宣言。究極なエコ

近年の都会での生活環境・社会現象を考えると、乗り物の中で一番優れているのは自転車ではないでしょうか。
地球環境問題や少子高齢化が進む中、自転車への関心が高まっています。
しかし日本の風土上、自転車だけでの移動は少し困難かと思います。2008年の法改正により、電動アシスト自転車の利用価値が高まっています。
①駐車代が安い ②移動距離が伸びた ③体力の消耗が少ない ④地域の活性化 などが考えられます。
Kyowaサイクルでは、カッコイイ電動アシスト自転車をこれからも皆様へ提案してまいります。

保安基準適合 長期保証

国内唯一、大容量36V・最新型24Vリチウムイオンバッテリー。

kyowaサイクルの電動アシスト自転車には、パワフルな大容量36V・24Vのリチウムイオンバッテリーを採用。
走行距離も時間も長持ちするリチウムイオンバッテリーを搭載しています。
リチウムイオンバッテリーは、カドミウム・鉛・水銀などの環境規制物を含まない環境にやさしいバッテリーです。 
充電は、家庭用コンセントに繋いだ充電器をバッテリーに繋ぐだけ。バッテリー残量を気にせず、継ぎ足し充電が可能です。
約4時間で充電は完了します。

24Vボトルタイプ

約600回の充電が可能です。

36Vボックスタイプ

約600回の充電が可能です。


大容量タイプに交換が可能。

kyowaの電動アシスト自転車用バッテリーは、容量が違っていても形状が同じなので大容量タイプのバッテリーに交換が可能です。(36Vボックスタイプと24Vボトルタイプの互換性はありません。)

大容量タイプなので1回の充電で長距離の走行が可能。

【HIGHモードで平らな道での走行距離】

36Vのバッテリーを採用することにより、同じAhでも大容量かつ長距離走行が可能となりました。


走行できる距離の目安

●(社)自転車協会が定める電動アシスト自転車の走行距離の測定方法に関する基準に準拠したテスト条件
●バッテリー新品、常温20±5℃、車載重量(乗員および荷物を合計した重量)65kg、平滑乾燥路面、無風、
 タイヤ空気圧は規定標準空気圧、無点灯状態で走行した時の弊社データです。
●バッテリーを満充電にした状態から走り始め、アシストが停止するまでの走行距離の目安です。
●走行距離は、バッテリーの劣化度合や環境条件・積載条件により変化します。(冬期は気温や風の影響で、走行距離が短くなります)

キョウワサイクルの目指す方向

トップページ電動アシスト商品ラインナップ!機能紹介お問い合わせ会社概要

copyright(C)Kyowa Corporation ALL Right Reseved